Now Playing Tracks

日本でこの「ストレスをかけ過ぎると壊れる」というのが認識されないのは簡単で、日本の成功者の殆どが「過度のストレスを耐え切った」選別された人たちだからです。でも当人は選別されたと気づいていません。自分の回りにいるのが選別された人ばかりだから、世の中の人はみんなこんなものだと思っています。弱い人がいるとは全く思わないので、そういうのにぶち当たると異常にしか見えません。苦労して成功すれば成功するほど、この傾向は強まります。
想像力のない超人たちが「繊細な弱者」をへし折ること | 独り言v6 (via growmoss)
もうさ、システムエンジニアなんて免許制にしちまえよ。
こんな複雑で難しい仕事、ロクにソフトウェア工学も修めてないトーシロがやろうってのが間違いなのよ。いやおれも含めての話よ?
何か開発でポカやるじゃん。
ポカやったら、レビューが足りなかったとかさ、チェックが甘いとかさ、なるじゃん。
でもって、誰でもできるようにチェックリスト作ろうとか、手順書作ろうとかって話になるじゃんね。
違うんだよ。
例えばさ、医者の診察考えてみ?あれってチェックリストがあれば誰でもできるの?違うでしょ?
6年間も大学通ってさ、人のからだの仕組みを隅から隅まで全部勉強して、国家試験パスして、研修医として経験積んで、それでようやく診察できるようになるわけでしょ。
今のIT業界、それもほんとに能力ある人が集まらない、底辺のIT業界って、
医者が足りない、でも医学部の学生が全然足りないからって、
「未経験でも医者になれる!」とかわけわっかんない宣伝打って、
「まじでー医者とかカッケー憧れるしなんかおもしろそうだし」ってホイホイ集まってきた若者使ってさ、
3ヶ月くらい『家庭の医学』でも読ませただけで現場放り込んで、
医療ミス連発で死人出まくりみたいな、そんな状況じゃないの?
上流エンジニアなんて死んじまえ (via fujisan3)
● 動いているシステムには触るな。
● バッチ処理を信用するな。
● セキュリティは初めからなかったよ。
● 新しいアイデアが思いついたら口をふさげ。
● 仕様書が読まれることは無い。
● 仕様書が必要になった時、その仕様書は役に立たない。
● SQLの達人にSQLを書かせるな。
● 1人でオブジェクト指向。
● システムを業務にあわせるな、業務をシステムにあわせるな。
● 管理者のパスワードが「password」のシステムは誰にも使用されていない。
● 設計は常に破綻している。
● ソースコードを書き始める頃にはそのシステムに誰も興味を示さない。
● 要件定義書に「~したい」の箇条書きは破り捨てろ。
● 致命的な不具合が発生した時、担当者はもういない。
● 運用・保守担当者はただの電話番。
● 例え話はするな。
● 逆に言うな。
● そのシステムに排他制御は必要無い。
● データベースを触っている時に「あっ。」って言う人は信用するな。
● エンターキーを打つときの音が大きい人は信用するな。
● 大規模なプロジェクトに限ってVB6。
● しばらくエラー通知が来ない場合、何らかのエラーが起きている。
● 「検索します。よろしいですか?」、検索しようとしてるのに確認するな。
● 「キャンセルしますか? 【OK】【キャンセル】」、どっちやねん。
● 「正常に更新されました。」、できて当然のダイアログは出すな。
● ググれ。
● 例外処理の多いシステムは業務を見直せ。
● その業務担当者を見直せ。
● 使用者の少ないシステムほど大規模。
● 新システムにリプレイスは劣化。
● 片手間で作ったシステムはその後もずっと稼動を続ける。
● バグの数はプログラマのやる気に比例する。
● サーバダウンの確率はその環境構築にかかった費用に比例する。
● CSV出力機能の使用頻度は実装の難易度に反比例する。
● 背景色が黄色のシステムは使われない。
● 背景色が紫色のシステムは再構築が必要である。
● 原色を多用したシステムはCPU使用率が低い。
● 上記3件は無駄にハイスペックなサーバが求められる。
● 開発者 = 担当者 = 責任者。
● 言いだしっぺが開発者 = 担当者 = 責任者。
● 議事録は証拠ではない、ただの記録である。
● キーマンはシステム関係に疎い。
● キーマンだと思ってたらシーマンだった。
● システム開発者はExcelの操作問い合わせも受けなければならない。
● 納期は工数見積より先に決められている。
● 納期は不変である。
● 工数 = スケジュール。
● 外注のコストは外注先のレベルに反比例する。
● 外注先のレベルは常駐する人数に反比例する。
● 何してるの・・・?ていうオッサンの出張旅費も請求される。
● 女性プログラマの機嫌をとれ。
● 再起動は命がけでやれ。
● サービスパックは死を覚悟してあてろ。
● バックアップ・リカバリ研修に参加する行為は意味を成さない。
● バックアップは戻らない。
● マイクロソフトに電話しろ。
● アシストに電話しろ。
● オラクル直通は・・・。
● 原因不明だけど再起動したら直りました。
● NullPointerException はごまかせ。
● NullPointerException は再発する。
● それでもごまかせ。
● ごまかし切れなくなった頃、「あっ。」と原因が思いつくはずだ。
● OutOfMemory はアイツを疑え。
● OutOfMemory は再発する。
● 二度、問い詰めると白状する。
● 無限ループが発生したら記念にパフォーマンスモニタのスクリーンショットを撮れ。
● 後々、笑いのネタになる。
● テスト環境でデータ削除したつもりが、本番環境。
● 素人は素直に申し出ろ。
● 玄人は昨日見たテレビ番組の話をしながらバックアップから迅速に復旧しろ。
● システム運用開始当日の次の日に不具合は発生する。
● 開発者は有休を取っている。
● 電話はつながらない。
● またアイツか、と言われる。
● 直通の電話番号を口外するな。
● Excelのイルカの消し方についての問い合わせ。
● その案件を終わらせるな、次の案件が来る。
● 社内ブログは一定以上の権力者が投稿した時点で終了する。
● その投稿者は社内ブログを始めようと言い出した人物である。
● 無法地帯は監視下に置かれている。
● HTMLは開発言語だと思われている。
● JavaScriptはJavaと同じものだと思われている。
● JSPはJavaScriptの略語だと思われている。
● 設計書は落書きである。
● 困ったら図で描け。
● 議事録係は議事録をとっていない。
● 会議中に椅子を一歩後ろに移動させて反り返ってるヤツは意外と良い意見を言う。
● 対面の人間は発言しない。
● 斜め前の人が一方的に話すと脱線する。
● 隣の人は寝ている。

Haijin Boys Online (via anepan)

ワロタwww

(via swm) (via ak47) (via ssbt)

(via yamo) (via hakkatabaco)

(via plasticdreams)

(via yksk) (via takaakik) (via miniatures) (via quote-over100notes-jp) (via pcatan) (via ygotoh) (via to39) (via hisame) (via syunzero)

(via teracy)
ルールがきつくなればなるほど,人々は寛容さを失う。これは間違いないと思う。
自分がルールに縛られていれば,他人もルールに縛られて欲しいと思うのが人情だ。
現代人は,僕の見る限り相当ルールを守って生きていると思う。そして,寛容さを失っていっている。その様子を,大学に勤めるある友人が,「お互いに首を絞め合っている」と表現していた。言い得て妙だと思う。僕はこういう状況を「体育会系の論理」と呼んでいた。

ドタキャンばかりする人々と,何年でも無遅刻無欠勤を続ける人々 - 諏訪耕平の研究メモ (via 2only, youarenojesus)

2008-05-14

(via gkojay) (via motomocomo)

(via noe8)

(via jutememo)

(via akaganesaru) (via akasofa)

We make Tumblr themes